「学校に行かない」と決めた10歳の哲学者

「この子知ってる」という方もいらっしゃると思います。中島芭旺(ばお)君。赤いハンチング帽と和服姿、とても印象的で不思議な子ども。ベストセラーになった『見てる、知ってる、考えてる』を出版したのが10歳の時ですからもう12歳。写真で見るとすっかり成長して、りっぱな少年です。

今回は、その芭旺君の「今」です。時々学校に行くようになったようです。

記事はコチラ(DODA「未来を変える」プロジェクト)

こちらはお母さんのことも。

記事(プレジデントONLINE)