こどもアカデミーとは

小学生と中学生の通学型プログラミングスクールです。

こどもアカデミーは、エムシーキッズが2013年に慶應大学と東京工業大学の学生とスタートした、子ども向けプログラミング教室です。自由が丘本校では個別指導型のワークショップを通じ、学校では対応しきれないコンピュータサイエンスの学びを提供しています。

前橋校と高崎校ではステージミントがローカルパートナーとなって、群馬大学の学生と一緒に子どもたちの新しい学びをサポートしています。


 

こんなお子様におすすめ
  • 社会を支えるコンピューターを学びたい
  • 自分でゲームを作りたい
  • 自分の得意をみつけたい
  • 自分からどんどん学ぶチャレンジャーになりたい
東京本校のエムシーキッズでは、東京学芸大附属世田谷小、早稲田実業初等部、聖心女子学院初等科、清明学園初等部・中等部、学習院女子中等科、学習院初等科、成城学園初等部、青山学院初等部、セントメリーズインターナショナル、世田谷区立小学校、目黒区立小学校ほかの生徒さんが通っています。

教える(Teach)ではなく学ぶ(Learn)
『子どもが主役の学習コミュニティ』

こどもアカデミーは、プログラミングを教養ではなく「サイエンス的な学習感性を養うツール」としてとらえています。ですので、まずはゲームを楽しむところから始まります。次に自分で作ってみる。それから「もっと面白くするにはどうしたらいいか」を考える。様々なレシピを習いながらクリティカルシンキングの下地を養っていきます。

大切なことは「なにを教えるか」ではなく「子どもたちの興味と集中力を引き出すためになにができるか」にあります。こどもアカデミーは、子どもたちが体感的にテクノロジーを理解し「自分のアイデアをすぐに試してみる」ことができるように、感性と思考、実行力の連鎖を創り出すお手伝いをいたします。
 
ご挨拶 クラスのご案内