「折れない心」の育て方

こどもアカデミーの子どもたちを見ていると「レジリエンスがついてきたな」と思うことがよくあります。聞きなれない言葉ですがレジリエンス(Resilience)は「回復力」「立ち直る力」「折れない心」です。

実はいま子どもたちに一番必要なものは、新しい時代を生き抜く先進的な知識でも、取ってつけたような創造力でもありません。

「できるか分からないことにも躊躇なくチャレンジして、それをやり遂げる力」です。


 
小さいうちから塾通いをしている子どもたちの間に「正解(だけ)を覚える」傾向が多く見て取れます。そういった子どもはプログラミング学習で上手くいかなかったりすると直ぐに答えを見たりあきらめたりしてします。

そして「正解がいくつもある」「はっきりした正解がない」これからの時代では、こうした子どもたちは思考を停止してしまいます。

ぜひ、こどもアカデミーにお子様を通わせてみて、お子様の変化をご覧になってください。たくさんの仲間や先生も応援してくれます。

「レジリエンス」を知っていますか? (クローズアップ現代記事)