学習計画・授業の流れ

STEAMアラカルトは、お子様が持っているSTEAMの能力を引き出しやり抜く力と達成感を自信につなげていきます。

プログラミングを中心にロボットや海外の動画教材も活用して、学校では学べないことをどんどん体感学習していきます。

今の学校教育では社会や環境の変化、仕事や働き方の多様化への対応が難しくなってきています。

子どもの個性ややる気が薄まってしまわないうちにSTEAMアラカルトでしっかり学ぶ習慣を身につけます。

<自分の目標>

STEAMアラカルトではまず「自分の目標」を決めます。

例えば、
〇 色々なプログラミング言語の基本を習得する
〇 コンピュータサイエンスに関連した知識を学ぶ
〇 Webやデジタルのスキルを身につける
〇 学校授業の先取り、補習

<学習計画>

そして、チューターと相談して実現のための具体的な学習ステップを決めます(年間計画)。

授業内容は、「年間テーマ」と3ヵ月単位で選ぶ「インタレスト」の組み合わせからなっています。

「年間テーマ」はコンピュータサイエンスの知識を幅広く学ぶプログラミングや、自分の興味のあることを中心に知識を広げていくマイプロジェクト(テーマ学習、海外ではProject-based Learningと呼びます)などをお選び頂けます。
 
 

 

「中高一貫」コース

プログラミング基礎講座を学ばれたお子様から「プログラミングを続けたい」というご要望を多く頂いています。同時に「学校の勉強もできたら」とのご相談も増えてきました。

そこで、本格的なプログラミング入門と併せて数学の先取り学習もできるクラスをご用意しました。それが「中高一貫コース」です。

中高一貫コースでは、コンピュータサイエンスコースと同様の本格的なプログラミング入門を受講するとともに、東京の私立一貫校で広く使われている「体系数学」に沿って学びを深めていきます。

他の学習塾とはまったく異なる方法で、お子様の能力と可能性を高め、将来のキャリアにつなげるお手伝いをしていきます。