役立つこと

毎日「インターネット」「デジタル」「プログラミング」といった言葉を耳にしない日はありません。今やこうしたものが社会を動かす中心になっているからです。
 
ところが、この中で学校が子どもに教えていることがどれだけあるでしょうか。答えは「ほとんどない」です。
 
いわゆるICT教育について見てみると、日本はICT先進国に比べてざっと20年遅れています。
 
「2020年度から小中学校の授業にも入ってくる」と言われていますが、プログラミングという科目はできません。算数や理科、総合といった昔からの科目の中で「プログラミングの基礎になっている論理的な思考力をつけてくださいね」といった程度の話です。
 
これでは「20年格差」が縮まるどころか、どんどんひらいていくばかりです。
 
STEAM アラカルトではこうした学校では追いつけない大切なことを、一人ひとりのお子様の興味や得意を広げる形で身につけていきます。
 
大学生が相談相手になって、お子様の関心のあることを幹に、色々な学習要素をつけ加えながら「自分だけの授業」を作っていきます。
 
自分の目標をめざそう
〇 自分が頑張れる得意を持つ
〇 進んだ知識とスキルを身につける
〇 仲間とチームを作る
〇 社会と人の役にたつ
 
そのために学ぶこと
〇 プログラミング(論理的思考力)
〇 ロボット(試行錯誤と実現力)
〇 科学(世界を観察する)
〇 音楽・アート(表現とデザイン力)
〇 コミュニケーション(人に伝える力)