商工会議所コラボ企画

「インターネット」「デジタル」「プログラミング」といった言葉に出会わない日はありません。今やこうしたものが社会を動かす中心になっているからです。ところが…

日本の産業を見てもICT人材は2015年で約17万人が不足、2030年には45万人レベルまで不足が拡大すると予測されています(経済産業省)。

地元でも前橋商工会議所が「日商」の人材育成策の中で、地域の子どもやご家庭に新しい学びと機会を届ける活動を行っています。また地元の企業と市民を繋ぐお手伝いにも積極的です。

ステージミントは前橋商工会議所とタイアップして、楽しみながらプログラミングに親しむ「新しい学びのトレーニングセンター」(こどもトレセン)の立ち上げにも取組んでいます。

小学生でも早すぎることはありません。キャリアにつながる学びを一つずつ身につけていきましょう。

『キャリアにつながる習い事』

子どもには面白さと新鮮さがとても大切です。ありきたりでない、心をグッとつかむ学び。こどもトレセンには『子どもたちが待っていたもの』があります。

タイアップ企画(予告)

子どもの視点で商店街を観察・探訪して、これからの時代に役立つ学びをインターネットで情報発信します(イベント型の体感学習)。

☆プログラムA☆料理レシピの動画制作

商店街の大人から「秘伝のレシピ」を聞き出して動画化。YouTubeにアップします。

《講座のねらい》
〇商店街の隠れた「売れる商材」を探し出す
〇動画制作のスキルを学ぶ(入門編)
〇インターネットを通じて情報を発信する
詳細

<作品例> お料理レシピを作って動画にしよう

紹介動画(YouTube)

お父さんの好きそうなおつまみや、お母さんのためのスイーツのレシピ動画を制作します。〇学ぶこと:レシピの作り方(材料・調理方法・ワンポイントなど)、動画の撮影・編集方法、音楽のつけ方。

 

☆プログラムB☆マイクラ商店街を制作⇒イベント開催

制作班を募集してマイクラでまちなか商店街を再生します。
100人の子どもを集めて、マイクラ商店街とリアルな商店街をリンクさせたオリエンテーリングを開催します。

《イベントのねらい》
〇子どもたちの集まるコミュニティを作る(100人規模)
〇商店街に興味を持ってもらう(探訪、マイクラとリンク)
〇子どもたちの創造力とチームワークを応援する
詳細

<作品例> 城下町パルクール

紹介動画(YouTube)

豊かな暮らしの第一歩は健康つくり。街の中で手軽に楽しめるパルクールをみんなで考えてみました。江戸時代と現代・未来がマッチした不思議なワールドが舞台です。