お母さんの声

都内の国立大附属小学校2年のお子様を持つ、お母様からの投稿です(2015年当時)。

習い事ってどう選ぶ?一歩先ゆくお稽古のススメ

息子がエムシーキッズでお世話になりはじめて約1年。

とにかくスマホが大好きで中毒気味だった息子に、どうせなら役に立つITを学ばせたい、そう思ったのがプログラミングを始めたきっかけです。

真の目的はスマホ脱却でしたが、

●時代を先取りしている習い事でおしゃれ
●IT成功者=お金持ち
●言葉を覚えるような感覚でITが身に付いたら、将来役に立ちそう

母にはこんな不純な動機もありました…(笑)

プログラミングを習っていると言うと、まだまだ
『へぇ、すごいね』と言われますが、スキル以上のものを身に付けたいのなら遊びの延長で始められる、低学年~中学年がお勧めのスタートライン。遊びの延長で、ここがポイントなんです!

スマホや3DSもいいけれど
“将来に種をまく”意味で
プログラミングを取り入れると、子どもの楽しいという感覚をうまく利用しながら、10年先に必要なPCスキルを一足先に学ぶことができるんです。一足先に、ここも実は重要なポイント!

“遊びの延長”で“一足先に”
学ぶことのメリットって
いったいなんなのでしょう。

「遊びの延長」、「一足先に」のメリットは?

子どものやりたいことはとりあえずやらせてみる!
これが我が家のポリシーです。

興味があることなら
お稽古にも楽しく出掛けてくれるので、親としてもお尻を叩く手間が省け助かります。
万が一、はまれば早い段階から才能を伸ばすことができ一石二鳥。
勉強や遊びといった区別をつけずに学ぶことの楽しさを知ることで
成長したあとも抵抗感なく新しいものにチャレンジしてくれればと思っています。

それがたとえ
うまく続かなかったとしても、そのスキルが必要となったとき、0からのスタートではないので習得にかかる時間を省くことができ、学んだことがけっして無駄になることはありません。

前回
低学年~中学年のうちにスタートするのが理想と言いましたが
楽しみながら取り組める余裕のあるうち=遅くとも受験勉強や学校が大変になる前に、
なにかひとつ子どもに楽しい気持ちで夢中になれるものを見つけてやれるのが理想ではないでしょうか。

我が家の息子も現在2年生。1年半後からは受験準備のため、いわゆる受験塾に通わせる予定でいます。

低学年からPCに向けていた情熱を勉強にうまくシフトできることを願いつつ、ストレス発散&ほっと息抜きできる場として大好きなPC教室を塾と並行して活用できればと考えています。

費用対効果が気になってきた

この1年を振り返って…

とはいえこの1年、
これでよいのか?の疑問をいくつも越えてきました。

息子に
今日、パソコンどうだった?と聞いても
『楽しかった!』の一言。

母 『何をやったの?』
息子『先生に言われたことをやった…』

何をやっているのかさっぱり分かっていないのです。
子どもにはやりたいことをやらせる、偉そうに言いつつも
これでは遊びにいっているだけなのでは…
スキルを学ばせようと思い通わせたはず…

せっかちなので
内心、費用対効果もけっこう気になり始めました(笑)

ただ、息子はといえば、
PCだけは絶対にやめたくない、教室にも早くから行きたがり、帰りも帰りたがらず、見受ける限りのびのびと自由闊達に楽しんでいる様子。

親としてはモヤモヤがありつつ、本人が続けたいというものを取り上げるのは一番避けたいことなので、しばらく様子を見ることにしました。子どもが楽しいのが一番!と自分に言い聞かせながら、同時に、先生にテキストで習ったことを復習していただいたり、技術の定着を図っていただくようにご相談しました。

そして、1年。やる気は全く衰えぬまま(笑)ようやく自分が何をしているのか理解し、説明できるようになってきました。仲間と自由な中でワイワイやる楽しさも覚え、異年齢間でのコミュニケーション能力も増してきたように感じています。

まだまだ途上ではありますが、楽しみながらスキルの土台を作れており、現状おおむね満足しています!